AGA治療で現実的なのはプロペシア

AGAってどうして額とか頭の天辺が薄くなるのかなって思っていたのですが、この部分の毛根って男性ホルモンの影響を受けやすいのだそうです。
髪の毛が薄くならないところっていうのは、男性ホルモンが分泌されないところではなくて単に影響を受けないので髪の毛が抜けないのです。
全部の毛根がそういう強い毛根だったら良かったのに、残念です。
植毛は男性ホルモンに強い部分の毛根を額や頭頂部に移植するので、男性ホルモンがばんばん分泌されても髪は抜けていかないそうです。
最初に移植すればいいと考えたのは誰だか知りませんが、なかなか有効な方法です。
植毛はとても魅力的ですが、何せ費用が高いので宝くじにでもあたらないと実行する気にはなれません。
ロトにでも当たったら真っ先に植毛しますが、広範囲だと数百万もかかるそうです。
AGA治療で現実的なのはやっぱりプロペシアです。
プロペシアは男性ホルモンが毛根に働きかけて髪の毛の成長をストップさせるのをやめさせる働きをするので、抜け毛が減るらしいです。
薬を飲むだけで良いので楽ですが、その他にも頭皮マッサージをしたり育毛剤を使ったりするほうが効果はあがるのだとか。
髪の悩みを解決するのはこつこつ頑張る事が大切なんですね。

This entry was posted on 火曜日, 2月 24th, 2015 at 12:46 AM and is filed under AGAに関して. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed at this time.